テーマ:

七重八重

七重八重花は咲けども山吹の~~ 八重咲き山吹の中がちらりと見えた。覗きこんだが実のひとつだになきぞ悲しき 2021年4月18日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所にもキンラン(金蘭)が

寺家ふるさとの森散策を終えて、帰路の途中、道端に咲くキンラン(金蘭)を発見した。こんなところにキンラン(金蘭)が咲いているとは!! 往路で気づかなかったのは、見落としたのか、それとも、この日に開花したのか? 2021年4月16日 横浜市青葉区 関連 寺家ふるさとの森散策 2021年4月16日 ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

綿帽子の世界

タンポポの綿帽子の一部の綿毛が風に乗って飛んでいったのをみつけ、中を覗き込んだ。 2021年4月16日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花水木

薄紅色の可愛い君のね♪ 花水木(ハナミズキ)は白色や薄いピンク色の花をつける。別名アメリカヤマボウシの名は、アメリカ原産で日本の近縁種のヤマボウシに似ていることから。 2021年4月11日 横浜市 ハナミズキ 日本における植栽 日本における植栽は、1912年に当時の東京市長であった尾崎行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斑ヤマブキ

部分的に白色が混じった山吹。一重の山吹の花弁は5枚。 山吹(ヤマブキ)には実がつかないと思われがちであるが、実際には一重の基本種には立派に実がつく。八重ヤマブキの場合は雌しべが退化して花弁になっているため、実を結ぶことがない。 2021年4月1日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キランソウ(金瘡小草)

遠くから観ると菫に見えたが、よく観るとキランソウ(金瘡小草)だった。 和名キランソウの由来は諸説あり、はっきりしない。別名は、ジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)、イシャゴロシ(医者殺し)など。 2021年4月1日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝顔と昼顔

どちらもヒルガオ科。朝顔は、奈良時代末期に遣唐使がその種子を薬として持ち帰ったものが初めとされる外来種で園芸植物。昼顔は、日本原産の在来種で野原などに自生する。 2020年10月1日 横浜市青葉区 関連 夕顔 https://sosekihaikushu.at.webry.info/201708/a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Lycoris sanguinea キツネノカミソリ(狐の剃刀)

夏になると、甲神社の法面に咲くキツネノカミソリ(狐の剃刀)。 名前の由来は、 ・細長い葉が剃刀のように見えたことから ・葉が無い状態で花が咲くので、その姿が狐に化かされたようだ という説がある。 2020年8月2日 横浜市青葉区鴨志田町 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Flower bed 街かど花壇の花

花かおる街かど花壇では四季折々の花が咲く 和名ははハナトラノオ(花虎の尾) 2016年8月 横浜市青葉区 関連 Flower bed 花かおる街かど花壇の春 http://kamoshidawest.at.webry.info/201503/article_4.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

quietly drink alone 一人静かに 酔芙蓉

一人静かに~飲む酒は~~ 頬がちょっぴり紅色に 2015年10月7日 横浜市青葉区 関連 Twins ほろ酔いな双子姉妹 http://masaji.at.webry.info/201510/article_3.html Cotton rosemallow Three sisters 芙蓉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

urn orchid シラン(紫蘭)

花に興味を持ち始めたころ、「この花の名前は?」と聞いたら、「それは、知らん」 「貴方も知らないの?」 「いいや? それは、シラン」 これは、本当にあった話 2015年4月28日 横浜市青葉区鴨志田町
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more