斑ヤマブキ

部分的に白色が混じった山吹。一重の山吹の花弁は5枚。 山吹(ヤマブキ)には実がつかないと思われがちであるが、実際には一重の基本種には立派に実がつく。八重ヤマブキの場合は雌しべが退化して花弁になっているため、実を結ぶことがない。 2021年4月1日 横浜市青葉区
コメント:0

続きを読むread more

キランソウ(金瘡小草)

遠くから観ると菫に見えたが、よく観るとキランソウ(金瘡小草)だった。 和名キランソウの由来は諸説あり、はっきりしない。別名は、ジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)、イシャゴロシ(医者殺し)など。 2021年4月1日 横浜市青葉区
コメント:0

続きを読むread more